青汁は原材料で選ぶ

青汁の原材料って、ケール・大麦若葉・明日葉かな。どれも栄養価が高くて野菜不足解消に良いですね。
ケールは、青汁としては一番古い野菜かな。

それこそ青汁はまずいと言われていたころはこのケールが主原料になっている青汁でしょう。

食物繊維・ビタミン・ミネラルが高いので、とても体に良いですね。それだけではありません。ケールにはルテインがたくさん含まれているんです。ルテインってあまり聞いたことないかな?

私もあまり聞かない栄養なんだけれど、ルテインの抗酸化作用によって、緑内障や白内障のリスク軽減になるみたいです。もちろんほうれん草などにも含まれていますが、一番含んでいるのはケールのようです。味に問題があるようですが、牛乳やヨーグルトなどに混ぜて飲めば独特のクセも感じないでしょうね。

大麦若葉は、その字の通り大麦が若葉のうちに摘んでしまうものです。これから成長するための栄養を蓄えているから栄養価が高いんだよね。もちろん食物繊維も豊富だし、カルシウム・葉酸など女性にうれしい栄養がたくさん含まれていて最高ですね。青汁の効果を考えるなら原材料を考えることは必要ですよね。

でも、一番は味がおいしいというところでしょうか。どの青汁にするか迷いますね♪よくいいねって声を聞くのはえがおの青汁ですね。やや気になるところです。